ダイビングの思い出

ダイビングを始めたのは、会社に入社した年の秋だったので、もう20年以上前になります。

関東のダイビングスクールでオープンウォーターからダイブマスターまでの講習を受けたので、海洋実習ではよく伊豆に行ったものです。

幾つもの講習の中で印象に残っているのが、特殊潜水と言われるディープダイビングとナイトダイビングでした。

ディープダイビングは大深度潜水とも呼ばれ、39メートルの深さまで潜るものです。

屋形船情報に対応した情報サイトです。

普通のダイビングではせいぜい10メートルか、深くても15メートルまでしか潜りませんが、この講習ではスポーツダイビングの限界と言われる39メートルという大深度を経験するのです。

電話占いの口コミに関する予備知識の情報が満載です。

この深さでは水圧は5気圧。

水面では1時間もつ量の空気が12分でなくなります。

真夏の太陽光でさえ、この深さまではほとんど届かないのに、その時は確か1月下旬たっだので水温は低いし、周りはうす暗いと言うより青くて暗いので、楽しいわけではありませんでしたが、普通の水中では味わうことのできない非日常的緊張感が味わえて興奮したのを覚えています。


ナイトダイビングは、夜間潜水と言われるように夜潜るための訓練です。

海中には夜行性の生物も多いので、彼らに会うために潜るのですが、潜水用ライトを必ず2つ、1つは点灯させたまま胸元あたりにつけ、もう1つは手首につけて潜ります。


さらにはコンサートなどで見かける、ケミカルライトをタンクのバルブにもつけるのです。

夜の海中は真っ暗ですから、このケミカルライトを頼りに人数の確認をしたり、色を変えたものを用意してリーダーを識別したりするのです。

グループで潜る時は、リーダーが先頭でサブリーダーが最後尾につきます。
ダイブマスターでアシスタントをしていた時は、ナイトダイブでいつも最後尾でした。

東京湾の屋形船が有名になってきました。

このナイトの最後尾は、気味が悪くて苦手という同僚がいて、よく代わって潜りましたが、熱帯の海でナイトダイビングをすると、呼吸の泡に夜光虫が反応して光り、暗い海中に光の泡がキラキラと上がっていく光景は、とても幻想的で素敵でした。


ゴルフクラブにはギア効果を計算して作られたデザイン形状をしています。


ゴルフにおけるギア効果とは、クラブヘッドがゴルフボールに当たった瞬間に、衝撃でクラブヘッドにたわみが発生します。
クラブヘッドの芯でボールを捕らえられた場合、効率よくボールに力を伝えることが出来ますが、芯を外してしまった場合、慣性モーメントの力によってクラブヘッドが回転するようなねじれの力が発生し、クラブヘッドがねじれるとゴルフボールはクラブヘッドのねじれの回転方向とは逆に回転します。

具体的な例を上げると、ドライバーの先端よりでボールを打った場合、クラブヘッドの重心より外側に力が加わるため、クラブは外に開くようにねじれます。

復縁の電話占い関する情報選びにちょうど良い情報をご用意いたしました。

そしてそのねじれの回転と逆方向にボールは回転するため、ボールにはフック回転がかかります。

縁結び情報を楽しくお得に利用しましょう。

そのため、ドライバーの先端で打った場合、ボールは左に曲がります。


ドライバーを良く見ると、真ん中が膨らんでいます。これは、先端でボールを打つと左に曲がるため、インパクトの瞬間に右に飛び出るよう真ん中が膨らんだ形状に設計されているからです。

このふくらみの事をバルジといいます。

http://www.sankei.com/economy/news/160607/prl1606070189-n1.html

そして左右だけでなく、上下にもギア効果が働くため、ヘッドの上の方で捉えたボールはスピン量が減少し、早くボールが落下してしまいます。

http://girlschannel.net/topics/388196/

下の方で捉えたボールはスピン量が多くなり、ボールが上がりすぎてしまい飛距離が減少してしまいます。

http://girlschannel.net/topics/132591/

そのため上下方向も真ん中が膨らんだ形状に設計されており、飛距離の現象を防ぐデザインをしています。


この上下のふくらみの事をロールと言います。

ゴルフの上級者の中には、意図的に芯を外して打ち、球筋をコントロールするしたり、風の日にはクラブの上の方でボールを捕らえて、わざとスピン量を減らす打ち方をするような人もいます。

ちなみに、基本的にギア効果はゴルフ以外も全ての物体に働く物理現象ですが、アイアンは重心距離が深く設計されているため、アイアンではこの現象はほとんど見られません。

関連リンク

ダイビングの思い出


ダイビングを始めたのは、会社に入社した年の秋だったので、もう20年以上前になります。関東のダイビングスクールでオープンウォーターからダイブマスターまでの講習を受けたので、海洋実習ではよく伊豆に行ったものです。...

インターナショナルスクールのいじめ問題の実態


インターナショナルスクールにもイジメの問題はあります。そのために、ペアレンツミーティング(PTAと父母会のようなもの)もあり、親同士でも話し合いが行われています。...