• 介護保険利用者向け請求ソフト

    公的介護保険制度では、利用車が一定額の負担をするようになっており、その請求に関しては事業者が請求ソフトの利用を行うなどして確実に徴収するようになっています。

    このとき、生活保護の受給者や利用料の限度額を超過する場合には、請求されることはありません。



    利用車の自己負担額は原則として1割でした。
    ところが介護を含む社会保障費が年々膨張し続けているため、この割の原則が崩れようとしている状態です。

    今後は年金所得や財産等によって、1割では無く2割などのように引き上げられる予定になっています。

    日本経済新聞の口コミ情報を参考にしよう。

    ここで問題になるのが、介護保険利用者への請求についてで、今までは1割の負担で済んでいたものが今後は人によって、2割などのように請求額が増額されることは間違いない情勢です。

    請求ソフトの利用を行っている事業者にあっては、その請求ソフトが対応出来るものかどうかを確実に調べておくことが求められます。

    なお、居宅介護支援事業者のようにそもそも利用料全額に自己負担が無かった事業者も、今後は利用料の負担を利用車に求めるべきだという意見が出始めています。

    したがって、いずれは請求ソフトの導入を彼らも求められる可能性が高い状況になってきています。

    このように介護保険制度における利用者への請求に関しては、自己負担部分について徐々に負担を大きく求める方向へ変わってきています。

    その時々に応じて使用するソフトの対応が必要になってきているわけです。